member Wakako Tagoyama

tagoyama1.jpgspacer.gifWakako Tagoyama 田子山和歌子
Keio University 慶應義塾大学
website: Keio University HP
My interest: The relation between the concept of substance in Leibniz's Philosophy and prior or contemporanous understandings of it especially from the standpoint of his mind-body problem. Philosophy of Malebranche and Des Cartes,etc.

著書
『哲学の歴史』第3巻「神との対話、中世、信仰と知の調和」コラム9「個と普遍」担当 pp.648-654. 2008年1月(中央公論新社)
L’Existence de Dieu et l’Existence des Créatures chez Leibniz, Corners of the Mind: Classical Traditions, East and West, Neil B. Mclynn ed. pp.187-198、2007年3月 Keio University Press.
論文
L’Individu et l’Universel ―Leibniz et St.Thomas d’Aquin―. Interdisciplinary Ontology Proceedings of the First Interdisciplinary
Ontology Meetings, February 26th-27th, 2008, Tokyo Mitsuhiro Okada, Barry Smith ed. 2008年2月 (KEIO UNIVERSITY Open Research Center for Logic and Formal Ontology)
「神の実在と被造物の実在」、慶応義塾大学 三田哲学会『哲学』第118集、2008年3月
「スピノザにおける『実体』の実在―本質からいかにして実在が帰結するか―」、『慶應義塾大学大学院21世紀COEプログラム 人文科学分野心の解明に向けての統合的方法論構築 平成18年度成果報告書』、pp.147-153. 2007年3月
「ライプニッツにおける『実在』概念」、慶應義塾大学 三田哲学会『哲学』第116集、pp.73-88. 2006年3月
「ライプニッツ『形而上学叙説』における個体」、『慶應義塾大学大学院21世紀COEプログラム 人文科学分野 心の解明に向けての統合的方法論構築 平成16年度成果報告書』、pp.162-175. 2006年3月
| MEMBERS |
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。